メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日コリアン

米朝首脳握手に「夢でもみているような」

開店準備をしながらテレビで米朝首脳会談のニュースを見る新大久保の韓国料理屋の人たち=東京都新宿区で2018年6月12日午前11時6分、和田大典撮影

 首都圏で暮らす在日コリアンもさまざまな思いで12日の米朝首脳会談を見守った。

 韓国料理店や韓流スターのグッズ店が並ぶ東京・新大久保。焼き肉店に勤めるソウル出身の男性(29)は「たった1度の首脳会談で、すぐに全ての問題が解決するほど簡単ではないと思う」としつつ、「敵対していた国同士が仲良くなるきっかけになれば」と期待した。グッズ販売店経営の女性(43)は「これまで北朝鮮は暗い話題ばかりだったが、今回はとても前向きなニュース。南北にとどまらず、東アジア全体がまとまるきっかけになってほしい」と興奮気味に話した。

 さいたま市のカフェにいた東京外語大大学院生の金理花(キム・リファ)さん(28)はスマートフォンで会談の中継を見守った。両首脳が握手した瞬間、「夢でも見てるような気がする」と声を上げ、「まずは朝鮮戦争終結が現実のものとなってほしい」と願った。【川村咲平、奥山はるな】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]