メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん細胞

赤い光で死滅 薬剤、遺伝子狙い撃ち 甲南大

光によるがん細胞死滅の仕組み

 赤い光で化学反応を起こす薬剤をがん細胞に取り込ませ、がん遺伝子の一つ「N(エヌ)RAS(ラス)」を狙い撃ちにする実験に成功したと、甲南大(神戸市)の研究グループが11日発表した。がんの増殖に関わるNRASたんぱく質が大幅に減少し、ほとんどのがん細胞が死滅したという。論文は同日、英オンライン科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された。

 研究グループは、NRASたんぱく質の設計図となるメッセンジャーRNA(mRNA)という分子が「四重…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです