メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

お母さんはきびしいのですが、そういうことはパワハラというのですか?

両親にしかられるのは、パワハラとは言わない?

しつけの範囲はんいかも やりすぎは「虐待ぎゃくたい

 Q おかあさんはきびしいのですが、そういうことはパワハラというのですか?(東京都港区とうきょうとみなとくしょう5)

     A まず「パワハラ」という言葉ことば意味いみ確認かくにんしておきましょう。

     パワハラは英語えいごのパワーハラスメントをりゃくした言葉ことばで、おな場所ばしょにいるひとたいして、うえ立場たちばにあるひとが、ただしい程度ていどえて、こころからだくるしみやいたみをあたえることをいます。

     はたらかた担当たんとうするくに役所やくしょである厚生労働省こうせいろうどうしょうが、具体的ぐたいてきなパワハラのパターンをしめしています。なが時間じかんをかけてかえしてしかったり、なぐるけるなどの暴力ぼうりょくったりするれいげられ、仕事しごと仲間なかまから無視むしされることなどもパワハラにふくまれます。

     スポーツの世界せかいでも、監督かんとくやコーチがパワハラをわれることがあります。最近さいきんでは、女子じょしレスリングでオリンピック4連覇れんぱたした伊調馨いちょうかおり選手せんしゅたいし、日本にほんレスリング協会強化本部長きょうかいきょうかほんぶちょうつとめていた栄和人さかえかずひとさんがパワハラ発言はつげんをしていたことがあきらかになりました。さかえさんのもとをはなれて練習れんしゅうするようになった伊調選手いちょうせんしゅたいし、さかえさんは「よくおれまえでレスリングができるな」などとったのです。

     このようにパワハラという言葉ことばおもに、仕事しごとをする場所ばしょといった社会しゃかいなかきる、いじめやいやがらせに使つかわれています。家庭内かていない親子おやこ関係かんけいではあまり使つかわれません。

     おやが18歳未満さいみまんをなぐったり、けったり、乱暴らんぼう言葉ことばこころ傷付きずつけたり、食事しょくじべさせなかったり、パワハラとおなじようなことをすれば「児童虐待じどうぎゃくたい」をうたがわれます。虐待ぎゃくたい確認かくにんされれば、児童虐待防止法じどうぎゃくたいぼうしほうもとづき、どもをまもるためにおやからはなすこともできます。

     おやきびしさが児童虐待じどうぎゃくたいたるかどうかは、「きびしさの程度ていど」によります。いじめなど、どもにかんする事件じけん数多かずおお手掛てがけ、自身じしん母親ははおや杉浦すぎうらひとみ弁護士べんごしは「おやどもをしつけ、社会しゃかいのルールをおしえることは必要ひつようです」としたうえで、「しつけをえたやりすぎは、おやでもやってはいけないことです。暴力ぼうりょくはだめです。こころきずつけるような言葉ことばや、しつけと関係かんけいないことでしかるのもだめです」といます。

     しつけをえたきびしさかどうか。そこは見極みきわめが必要ひつようです。【木村健二きむらけんじ


    疑問募集ぎもんぼしゅう

     まわりの素朴そぼく疑問ぎもんをおちしています。はがきにいて、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん疑問氷解ぎもんひょうかいがかりへおせください。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
    2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
    3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
    5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです