メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる2018年7月号(2018年6月15日発売)

通常定価450円(税込み)

★火山国ニッポン

     各地の火山で噴火が相次いでいます。日本には世界の活火山の1割が集まっているといわれます。噴火すると生活に大きな影響が出ますが、温泉などの恩恵もあります。火山についておさらいしつつ、いざというときに備えて犠牲者なく避難できた有珠山の経験に学びます。

    ★国会ってどんなとこ?

     国会が1月から開会中です。国会議員が欠席したり、証人喚問、参考人招致などが行われたりと、いろいろなニュースにもなりました。国会とはどんなところで、国会議員はどんな一日を送っているのでしょう。知ればニュースの理解が進みます。

    ★大丈夫? きみの足

     わたしたちの体を支えている足。10歳くらいに骨がかたまり、大人の足に近づくといわれます。スポーツのパフォーマンスを上げるのにも大事です。足の健康にまつわる誤解もあります。トラブルチェックや体にいい歩き方、理想の靴選びについて紹介します。

    ★核なき朝鮮半島は

     核なき朝鮮半島をめぐるニュースが増えています。アメリカと北朝鮮の初の首脳会談開催に向けて両国のかけ引きも続きました。北朝鮮は、国際社会の非難を尻目に核開発を進め、近年は核実験とミサイル発射を繰り返していました。緊張が続いた朝鮮半島のこれまでをふり返ります。アメリカの決断で緊張が増した中東・イランの核問題も解説します。

    ★潜伏キリシタン 長崎・天草の教会や集落、世界遺産登録へ

     江戸時代にキリスト教が禁じられた歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録されることが確実になりました。どのような遺産か、キリスト教迫害の歴史に迫ります。

    ★広まるクラウドファンディング

     クラウドファンディングが身近になっています。伝統のお祭りを支えたり、あのノーベル賞受賞者の研究を支援したり。ネットを使って寄付をする新しい方法について解説します。

    ★はやぶさ2、マレーシアに92歳の首相、カンボジアの今

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★通常定価は450円、書店でどうぞ。

    ★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(メール便)。お申し込みは、フリーダイヤル0120・223・223(年中無休、24時間)。内容のお問い合わせは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 銀魂 実写版続編に三浦春馬&窪田正孝“参戦”! 伊東鴨太郎、河上万斉のビジュアル公開
    3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    4. 高槻市教委 倒壊の塀、学校側が3年前に「危険性」指摘 
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]