メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

安倍首相と拉致の解決=与良正男

 安倍晋三首相が得意(?)としてきた何か「やってる感」を醸し出すだけでは済まない段階になった。北朝鮮の拉致問題である。

 この問題は首相の原点だ。若い頃から取り組み、2002年9月、当時の小泉純一郎首相の訪朝には官房副長官として同行した。

 訪朝後、5人の拉致被害者を北朝鮮の要求に沿って、いったん北朝鮮に戻すかどうか、首相官邸内で激しい対立が起きた際には、「戻すな」と強く主張。その「毅然(きぜん)とした態度」が国民人気を博して首相候補の一人に一気に躍り出た。

 だが、あれから約16年。拉致問題はほとんど進展しないまま時が過ぎた。果たしてこの空白を埋めることが…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 埼玉・和光の祖父母死傷 「生徒殺す前に家族を」 少年供述「迷惑かけたくない」
  3. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  4. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです