メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/178 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(13)

「ごめんなさい、ごめんなさい」

 母の君代が燃えあがる橋と河川敷に倒れた人たちに手をあわせていた。目の前の炎の景色のなかに、すでに亡くなった人とたった今、亡くなろうとしている人がどれほどいるのだろうか。はらわたをすべて抜かれたタケシの空っぽの心に、そんな疑問が浮かんだ。河川敷には火傷(やけど)ひとつない家族が眠るように折り重なっている。川面には兄弟の遺体が手をつないだまま浮かんでいた。ちいさな子は直邦くらいか。橋のうえでは死者の薪(まき)から盛んに炎があがり、燃える防空頭巾が火の粉とともに空高くのぼっていった。

 すべて飛行機から落とされた焼夷(しょうい)弾のせいだった。その爆弾とB29を製造したのはアメリカだ…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文960文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]