メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/178 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(13)

「ごめんなさい、ごめんなさい」

 母の君代が燃えあがる橋と河川敷に倒れた人たちに手をあわせていた。目の前の炎の景色のなかに、すでに亡くなった人とたった今、亡くなろうとしている人がどれほどいるのだろうか。はらわたをすべて抜かれたタケシの空っぽの心に、そんな疑問が浮かんだ。河川敷には火傷(やけど)ひとつない家族が眠るように折り重なっている。川面には兄弟の遺体が手をつないだまま浮かんでいた。ちいさな子は直邦くらいか。橋のうえでは死者の薪(まき)から盛んに炎があがり、燃える防空頭巾が火の粉とともに空高くのぼっていった。

 すべて飛行機から落とされた焼夷(しょうい)弾のせいだった。その爆弾とB29を製造したのはアメリカだ…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い
  5. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです