メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 法政大学の卒業生、群馬・前橋育英高校の山田耕介校長にお目にかかった。山田校長は社会科の先生であり、校長である。そしてサッカー部の監督でもあって、今年1月、全国高校サッカー選手権大会で初優勝を果たした。

 赴任した当時は問題を抱えている高校だったという。山田先生はその環境の中で、生徒ひとりひとりの内にある輝きを発見していく。「短所ばかり目につく子でも、角度を変えて見ると違った面も見えてくる。サッカーの指導でも同じことで、長所を発見して伸ばしていく。そうすると次第に短所は消えていくものです」と語る。2年で出身地の九州に帰るつもりが、生徒たちの輝きにひかれ30年が過ぎた。そしてインターハイ常連校へと学校は変…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文761文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]