メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

劇作家・宮本研 没後30年 昭和史考える手掛かり 『エッセイ・コレクション』刊行

宮本研エッセイ・コレクション

 戦後演劇史に大きな足跡を刻む劇作家、宮本研(1926~88年)が亡くなって今年で30年。『宮本研エッセイ・コレクション』(全4巻、一葉社)が刊行中だ。雑誌や公演パンフレットに発表されたほとんどのものを初収録。長男で編者の宮本新さん(62)は「父の生涯は『昭和』という年号でくくられる時間とほぼ重なり合う。昭和史を考える上でも重要な手掛かりを多く含んでいるように思う」と意義づける。

 宮本研は熊本県生まれ。法務省在職中(62年退職)に演劇活動を始めた。代表作に、自身の勤労動員体験も…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです