メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン前会長ら起訴 役員報酬虚偽記載で
ナビゲート

米に求められる根気強さ=古川勝久(安全保障問題専門家)

 当初見込みに反して、朝鮮戦争の終結宣言は、米朝合意文では言及されなかった。終結宣言は北朝鮮がこの数年間、元米政府当局者チームとの非公式協議を何度も経て築き上げてきた提案だ。米国との平和協定の締結交渉には時間がかかるので、シンガポールではまず終戦宣言から始める戦略だった。

 米国との平和協定の締結は長年にわたる北朝鮮の悲願である。政策研究大学院大の道下徳成教授の名著『北朝鮮 瀬戸際外交の歴史』は、1974年以来、北朝鮮が何度も米国に平和協定交渉を提案しては拒否された歴史的経緯を克明に記している。米国を交渉に引きずり出すため、北朝鮮は過去に幾度となく「瀬戸際外交」として黄海にあ…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです