メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

没後100年 「印象派」の別の顔 ドビュッシー3公演 今秋、京都コンサートホール

ナビゲーターを務める(右から)岡田暁生、椎名亮輔、大嶋義実=京都市左京区で、田中博子撮影

 仏の作曲家、ドビュッシーの没後100年を記念して、京都コンサートホールが10~11月、3回連続でドビュッシーを特集したコンサートを開催する。「印象派の作曲家」として淡い色彩や優しい光を思い起こさせるドビュッシーの、それだけにとどまらない魅力や当時の仏文化を知ることができる。

 初回(10月13日)は初級編。ピアノに中川俊郎と小坂圭太を招き、「小組曲」より「小舟にて」や、「ピアノのための12の練習曲」より(抜粋)など、初期から晩年の作品を幅広く披露する。この回のナビゲーター、京都大人文科学研究所の岡田暁生教授は「印象派にとどま…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  3. 世界最高齢男性 足寄町の野中正造さん113歳 長寿の秘訣は「マイペース」 /北海道
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです