メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンサート

没後100年 「印象派」の別の顔 ドビュッシー3公演 今秋、京都コンサートホール

ナビゲーターを務める(右から)岡田暁生、椎名亮輔、大嶋義実=京都市左京区で、田中博子撮影

 仏の作曲家、ドビュッシーの没後100年を記念して、京都コンサートホールが10~11月、3回連続でドビュッシーを特集したコンサートを開催する。「印象派の作曲家」として淡い色彩や優しい光を思い起こさせるドビュッシーの、それだけにとどまらない魅力や当時の仏文化を知ることができる。

 初回(10月13日)は初級編。ピアノに中川俊郎と小坂圭太を招き、「小組曲」より「小舟にて」や、「ピアノのための12の練習曲」より(抜粋)など、初期から晩年の作品を幅広く披露する。この回のナビゲーター、京都大人文科学研究所の岡田暁生教授は「印象派にとどま…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです