メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンサート

没後100年 「印象派」の別の顔 ドビュッシー3公演 今秋、京都コンサートホール

ナビゲーターを務める(右から)岡田暁生、椎名亮輔、大嶋義実=京都市左京区で、田中博子撮影

 仏の作曲家、ドビュッシーの没後100年を記念して、京都コンサートホールが10~11月、3回連続でドビュッシーを特集したコンサートを開催する。「印象派の作曲家」として淡い色彩や優しい光を思い起こさせるドビュッシーの、それだけにとどまらない魅力や当時の仏文化を知ることができる。

 初回(10月13日)は初級編。ピアノに中川俊郎と小坂圭太を招き、「小組曲」より「小舟にて」や、「ピアノのための12の練習曲」より(抜粋)など、初期から晩年の作品を幅広く披露する。この回のナビゲーター、京都大人文科学研究所の岡田暁生教授は「印象派にとどま…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです