メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

大正・昭和、匂い立つ美人たち 神戸ファッション美術館

 印刷技術の革新や出版文化の成熟などを背景に、豊かな大衆文化が花開いた大正時代。昭和期にかけて竹久夢二や高畠華宵(かしょう)、中原淳一らが挿絵画家として活躍し、雑誌や絵はがきなどの商業美術が広く浸透した。神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)で開催中の「大正ロマン昭和モダン」展は、浮世絵研究家・中右瑛(なかうえい)さんのコレクションから当時を代表する画家たちの挿絵や版画など約200点を展示している。

 夢二が描く細身で哀愁を帯びた美人画は「夢二式」といわれ、大正期にはハイカラの象徴として人気を博した…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです