メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 岐阜県各地で5月以降、アユ漁が次々と解禁されている。

 そんな中、南西部の北方町で18日、県立岐阜農林高校動物科学科の3年生たちが約300匹の稚アユを大型水槽4槽に放し、ある実験を始めた。地元特産の野菜マクワウリを混ぜた餌を与え、天然に近い風味の「まくわうり鮎(あゆ)」という新ブランドを作り上げる試みだ。

 実験は3年目に入り、今年度は餌を与える期間を変えながら影響を調べている。開始日の取材に、石川航介さ…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文415文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]