メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県内3施設で資料保管 文教厚生委「国に働きかけを」 /徳島

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が強制された問題で、県は12日、県内の障害者施設3カ所で優生手術に関する資料が保管されていたと発表した。

 県議会文教厚生委員会で明らかにした。県は先月7日に市町村、医療機関、障害者施設など計805カ所に対して関連資料の有無を調査した。今月7日時点で674カ所から回答があり、「有」との回答が3カ所▽「無」が669カ所▽「不明」は2カ所だった。

 旧厚生省の資料では、県内で優生手術を受けた人は391人いたことが判明している。しかし、県が保有する…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. つくば駅 「クレオ」専門店全8店、営業継続断念 閉鎖へ
  2. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 俳優・鈴木瑞穂さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです