メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成をあるく

情報公開・食糧費問題 「黒塗り」書類、市民が暴く 官官接待、裏金飲食も /四国

 全国の自治体職員が公金で飲食する。そして架空の懇談会で捻出した裏金を使い中央省庁の官僚をもてなす「官官接待」……。公務員の不正の横行を暴いたのは、一人の男の直感が発端だった。宮城県は1995(平成7)年1月20日、情報公開条例に基づく請求を受け、財政課職員の弁当代などに充てる「食糧費」に関する書類を一部公開。仙台市民オンブズマン事務局の中心メンバー、庫山恆輔(くらやまつねすけ)(73)は「おかしい」と追及を始めた。

この記事は有料記事です。

残り2022文字(全文2232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです