メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

米朝首脳会談 識者に聞く 聖学院大教授・宮本悟氏、慶応大教授・西野純也氏、神戸大大学院教授・木村幹氏

 シンガポールで行われた米朝首脳会談。会談とその後に出された共同声明をどう評価するか。今後の米朝対話の課題は何か。専門家に聞いた。

合意の文書化に意味 宮本悟氏 聖学院大教授(北朝鮮政治)

 米朝が和解の方向に向かったこと自体が一つの成果で、合意を文書化しただけでも大きな意味がある。和解するからこそ非核化ができ、国交正常化ができる。まだ完全に和解したわけではないが、ターニングポイントを迎えたことは間違いない。北朝鮮の最高指導者として誰もできなかったことをやったという点で金正恩委員長にとっても大きな成果になったと言えるだろう。

 トランプ米大統領は、対話継続中の米韓軍事演習の中止について言及した。北朝鮮に対し安全保障を与えると…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです