メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

米朝、会談を最優先 トランプ氏「偉業」固執/正恩氏、制裁緩和狙う

金正恩朝鮮労働党委員長(左)と共に署名した共同声明を見せるトランプ米大統領=シンガポール南部セントーサ島で2018年6月12日、AP

 12日にシンガポールでトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が署名した共同声明は、「史上初」や「歴史的な首脳会談」を強調する一方、焦点だった北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」や、朝鮮戦争の終結への言及はなかった。会談の開催を最優先にした結果、難題を先送りにした形だ。

 「我々が署名する文書は非常に重要で包括的な文書だ。大変素晴らしい時間を過ごし、いい関係を築くことが…

この記事は有料記事です。

残り2416文字(全文2617文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]