メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

自民の参院選挙制度改革案って? 定数を6増 合区候補を比例「特定枠」で救済=回答・高橋恵子

 なるほドリ 自民党が参院選挙制度の改革案を作ったって聞いたよ?

 記者 公職選挙法を改正する定数6増案ですね。まず、「1票の格差」縮小のために、議員1人当たりの人口が最多の埼玉選挙区(定数6、3年ごとの改選数3)の定数を2増やし、格差を3倍未満にします。さらに比例代表(定数96、改選数48)の定数を4増やし、各党が事前に決めた順位に従って当選する「拘束名簿式」を一部導入して「特定枠」を創設します。これは隣接県を一つの選挙区にした「合区」対象県の候補者救済が狙いです。

 Q 比例の定数増が、なぜ合区対象県の救済につながるんだろう。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです