メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

本のある居場所=中村秀明

 <sui-setsu>

 内戦が続くシリアの町ダラヤに手づくりの「図書館」があった。政府軍に包囲され空爆が続く中、破壊された周辺の民家から学生らが本を掘り出し、地下の一室に並べた。

 フランス人ジャーナリストによる「シリアの秘密図書館」(東京創元社)が、その模様を描いている。蔵書は約1万5000冊。それぞれに所有者の名を書いた。いつか平和が戻り、持ち主に返す日のためにである。

 シェークスピアやサンテグジュペリらのほかビジネス書も熱心に読まれた。戦いの合間に訪れる反体制派兵士…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです