メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

本のある居場所=中村秀明

 <sui-setsu>

 内戦が続くシリアの町ダラヤに手づくりの「図書館」があった。政府軍に包囲され空爆が続く中、破壊された周辺の民家から学生らが本を掘り出し、地下の一室に並べた。

 フランス人ジャーナリストによる「シリアの秘密図書館」(東京創元社)が、その模様を描いている。蔵書は約1万5000冊。それぞれに所有者の名を書いた。いつか平和が戻り、持ち主に返す日のためにである。

 シェークスピアやサンテグジュペリらのほかビジネス書も熱心に読まれた。戦いの合間に訪れる反体制派兵士…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです