メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

本のある居場所=中村秀明

 <sui-setsu>

 内戦が続くシリアの町ダラヤに手づくりの「図書館」があった。政府軍に包囲され空爆が続く中、破壊された周辺の民家から学生らが本を掘り出し、地下の一室に並べた。

 フランス人ジャーナリストによる「シリアの秘密図書館」(東京創元社)が、その模様を描いている。蔵書は約1万5000冊。それぞれに所有者の名を書いた。いつか平和が戻り、持ち主に返す日のためにである。

 シェークスピアやサンテグジュペリらのほかビジネス書も熱心に読まれた。戦いの合間に訪れる反体制派兵士…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1012文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]