メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

本のある居場所=中村秀明

 <sui-setsu>

 内戦が続くシリアの町ダラヤに手づくりの「図書館」があった。政府軍に包囲され空爆が続く中、破壊された周辺の民家から学生らが本を掘り出し、地下の一室に並べた。

 フランス人ジャーナリストによる「シリアの秘密図書館」(東京創元社)が、その模様を描いている。蔵書は約1万5000冊。それぞれに所有者の名を書いた。いつか平和が戻り、持ち主に返す日のためにである。

 シェークスピアやサンテグジュペリらのほかビジネス書も熱心に読まれた。戦いの合間に訪れる反体制派兵士…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです