メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉ざされた扉・袴田事件52年

/中 最新科学、司法も適応を

自身の冤罪事件について語る陳龍綺さん。Tシャツには「自由人」の文字が=台湾で4月、石山絵歩撮影

 「(弁護側鑑定を検証した専門家に対し)同じ器具を使って再現実験をしなかった理由は?」(弁護士)

 「(弁護側鑑定の専門家に対し)絶対に正しい型が出るように鑑定したのか?」(検事)

 昨年9月の東京高裁。静岡地裁が袴田巌元被告(82)の再審開始を決める“根拠”となった弁護側DNA型鑑定を巡る非公開の証人尋問があり、弁護側と検察側は自らの主張に沿わない専門家をそれぞれ厳しく追及した。高裁は11日の決定で、弁護側鑑定の信用性を疑問視し、袴田さんの再審開始を覆した。

 科学の領域である鑑定の正否を裁判所が判断することについて、反発する専門家は少なくない。自らの鑑定手…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1411文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです