メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

没後50年 河井寛次郎展 来月7日から汐留で

 「没後50年 河井寛次郎展」を東京都港区のパナソニック汐留ミュージアムで開催します。

     無位無冠を貫き、生涯一陶工として美を追求し続けた近代陶芸の巨匠・河井寛次郎(1890~1966年)。陶芸の代表作をはじめ、木彫や家具調度品のデザイン、哲学や人生観をつづった書作品など「河井寛次郎記念館」(京都市)の所蔵品を中心に紹介。山口大学や松下幸之助が所蔵した作品なども加え、深い精神世界に迫ります。

     <会期>7月7日(土)~9月16日(日)。水曜、8月13~15日休館。入館時間は午前10時~午後5時半<会場>パナソニック汐留ミュージアム(東京都港区東新橋1の5の1、パナソニック東京汐留ビル4階)<入館料>一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中学・高校生500円、小学生以下無料<問い合わせ>ハローダイヤル03・5777・8600

     主催 毎日新聞社、パナソニック汐留ミュージアム

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
    4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
    5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです