メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/308 第8章 29=高村薫 田中和枝・挿画監修

 浅井忍が初めて多磨町の栂野家まで来た日の写真たちは、その日尾行された当人の眼(め)を釘(くぎ)付けにした後、さらにその真弓の手で母雪子のスマホに転送され、雪子もまた勤め先の病院でしばし呆然(ぼうぜん)となる。

 自宅の塀の外から撮られた一枚には、水彩画教室で教える母節子の姿が写っており、その画像一枚でまたふいに心身のジャイロスコープが狂いだして、自分がどこにいるのか、いまは何年なのかも分からなくなってゆく。ママ、写真見た?

 お祖母(ばあ)ちゃんの写真、ほかにもありそうだから、見つかったらまた送るわね。娘の電話の声までが一…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文999文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]