メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の6

微妙な形勢判断 観戦記・関浩

 図の[先]2三歩は佐藤の新手である。佐藤はたったの3分でこの歩を打った。終局直後のインタビューでも「予定の作戦」と明言している。

 こうなると、横歩取りに誘導したのは羽生だったのか佐藤だったのか、ややこしくなる。佐藤は2日前に羽生がこの展開を経験済みであることを踏まえ、しっかり対策を立てて臨んだのだった。

 図の局面で羽生の考慮中に昼食休憩の時刻を迎えた。羽生も意表を突かれたことだろう。指したい[後]8九…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです