メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 母子生活支援施設の意義 閉鎖空間の家庭に風穴を=立教大学教授・湯沢直美

 施設から在宅へ。近年、介護の分野をはじめとして、政策の基軸として掲げられている流れだ。むろん、住み慣れた家庭で尊厳ある生を全うできることは重要である。一方、現代社会では、家庭は外部から遮断されやすい密室であることにも留意が必要だ。安心・安全をもたらすはずの家庭が、安心・安全を脅かす空間として、人々をリスクにさらすことも少なくない。

 筆者が関わっている子どもや女性の現場でも、施設が減少する傾向がみてとれる。たとえば、母子家庭を対象…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1102文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです