メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日朝平壌宣言

 2002年9月17日に北朝鮮を訪問した当時の小泉純一郎首相と金正日総書記が署名した文書。日本は過去の植民地支配により「多大の損害と苦痛を与えた」として、「痛切な反省と心からのおわびの気持ち」を表明。国交正常化の後に経済支援を行うとした。拉致問題には「日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題」との表現で触れ、北朝鮮が再発防止を約束した。核問題を解決する必要性にも言及し、北朝鮮は弾道ミサイル発射実験を行わない意向を示した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
    2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]