メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

友好演出、政治ショー

 【シンガポール武内彩、渋江千春、田辺佑介】1分弱の2人きりの「散策」で、和やかに会話を交わすトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長--。シンガポールで12日に行われた史上初の米朝首脳会談は、長年敵対してきた両国関係の大きな変化と「友好」ムードの演出に腐心したものとなった。

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文1868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです