メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

拉致「日本が前に」 家族、期待と落胆と

 史上初めて行われた12日の米朝首脳会談。共同声明で朝鮮半島の非核化を確約するとともに、トランプ米大統領が拉致問題も「提起」し、新たな一歩を踏み出した。だが、問題解決の具体策に言及はなく、会談の行方を見守った拉致被害者の家族や被爆者の胸中に、期待と落胆が交錯した。

 横田めぐみさん(行方不明時13歳)の母早紀江さん(82)は同日夕に取材に応じ、トランプ大統領が拉致問題を提起したことについて「本当にうまくいくのかなという思いで見ていたが、歴史的なことが起きたという思い」と評価した。早紀江さんはその上で「あとは日本(政府)がやらなくてはならないところにきた。しっかりやるべき姿を見せてほしい。悲観はしていない」と前を向いた。

 4月から体調を崩し入院している夫滋さん(85)にはこれから会談の結果を伝えるといい、「すぐには解決…

この記事は有料記事です。

残り1393文字(全文1755文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです