メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スイレン

黄色やピンクなど3品種が見ごろ 大阪の植物園

見ごろを迎えたスイレンの花の間を歩くアオサギ=大阪市東住吉区の市立長居植物園で2018年6月8日、木葉健二撮影

 大阪市東住吉区の市立長居植物園でスイレンの花が見ごろを迎えている。

     広大な24.2ヘクタールの園内にある大池の岸辺に、3品種のスイレンが黄色やピンクの花を咲かせている。花の近くではアオサギがゆっくりと歩きながら小魚を探す光景が見られ、訪れた見物客が盛んにシャッターを切っていた。

     スイレンの花は朝に咲いて、午後には閉じるため、午前中が観賞に適している。今年は例年より1週間ほど早い5月上旬に開花した。見ごろは8月中旬まで。【木葉健二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
    3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
    5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]