メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

米朝首脳合意で上昇 成果見極め、値動き荒く

 12日の東京株式市場の日経平均株価は続伸し、終値は前日比74円31銭高の2万2878円35銭だった。米朝首脳会談が合意文書の署名に達し、ひとまず北朝鮮情勢の安定につながると受け止められた。取引時間中には3週間ぶりに2万3000円の大台を一時回復したが、会談の成果を見極めようと様子見ムードが強まって下落に転じる場面もあり、荒い値動きとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は5.98ポイント高の1792.82。出来高は約12億3800万株だった…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです