メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

米朝首脳合意で上昇 成果見極め、値動き荒く

 12日の東京株式市場の日経平均株価は続伸し、終値は前日比74円31銭高の2万2878円35銭だった。米朝首脳会談が合意文書の署名に達し、ひとまず北朝鮮情勢の安定につながると受け止められた。取引時間中には3週間ぶりに2万3000円の大台を一時回復したが、会談の成果を見極めようと様子見ムードが強まって下落に転じる場面もあり、荒い値動きとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は5.98ポイント高の1792.82。出来高は約12億3800万株だった…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです