メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件

姉「生きている限り頑張る」 再審請求棄却に

報道陣の取材に応じた袴田秀子さん(左)と巌さん=浜松市中区で2018年6月12日、奥山智己撮影

 1966年に起きた「袴田事件」で、死刑確定後に静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(82)の姉秀子さん(85)が12日、浜松市中区の自宅近くの公園で報道陣の取材に応じた。東京高裁が11日に地裁の決定を取り消して再審請求を棄却したことに触れ、「生きている限り頑張るしかない」と、今後も再審を…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです