メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山損賠訴訟

和解成立 前総長ら2000万円支払いで

 宗教法人高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)と二つの関連法人が、内規に反した高リスク金融商品の購入などで損害を受けたとして、前宗務総長の庄野光昭氏(75)と元財務部長に計約8億7000万円の損害賠償を求めた訴訟は12日、和歌山地裁(中山誠一裁判長)で、2人がそれぞれ1000万円を支払うことで和解が成立した。

 宗務総長は同宗の執行機関である内局の実務トップ。庄野氏は2013年まで務め、巨額の資産運用を内部で…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. ストーカー治療 元加害男性、通院で自覚「二度としない」
  5. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです