メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 事件じけん犯人はんにんとされたひと判決はんけつつみがあるとまった裁判さいばんについて、やりなおすことです。あたらしい証拠しょうこつかり、判決はんけつ内容ないよう重大じゅうだいあやまりがあった場合ばあいなどに、判決はんけつし、裁判さいばんをやりなおすようもうてられます。裁判所さいばんしょ再審開始さいしんかいしめれば、けい執行しっこうされません。本当ほんとうつみがないのに、ぬれぎぬをせられてしまう「冤罪えんざい」をふせぐためにもうけられている仕組しくみです。

     最高裁判所さいこうさいばんしょは1975ねんあたらしい証拠しょうこ旧証拠きゅうしょうこ総合的そうごうてき評価ひょうかし、つみがあるとするのにうたがいがのこれば、再審さいしんはじめるべきだという基準きじゅんしめしました。事件じけん名前なまえにちなみ「白鳥決定しらとりけってい」とばれています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
    3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
    5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです