メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 事件じけん犯人はんにんとされたひと判決はんけつつみがあるとまった裁判さいばんについて、やりなおすことです。あたらしい証拠しょうこつかり、判決はんけつ内容ないよう重大じゅうだいあやまりがあった場合ばあいなどに、判決はんけつし、裁判さいばんをやりなおすようもうてられます。裁判所さいばんしょ再審開始さいしんかいしめれば、けい執行しっこうされません。本当ほんとうつみがないのに、ぬれぎぬをせられてしまう「冤罪えんざい」をふせぐためにもうけられている仕組しくみです。

     最高裁判所さいこうさいばんしょは1975ねんあたらしい証拠しょうこ旧証拠きゅうしょうこ総合的そうごうてき評価ひょうかし、つみがあるとするのにうたがいがのこれば、再審さいしんはじめるべきだという基準きじゅんしめしました。事件じけん名前なまえにちなみ「白鳥決定しらとりけってい」とばれています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです