メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別授業

学校に恐竜化石がやってきた

真鍋真(まなべ・まこと)さんと、成城学園が所有するスピノサウルスの頭骨(左)、椎骨(右)。椎骨(背骨)は上に長く伸びていました
真鍋さんの話に聞き入る成城学園小学部の子どもたち

恐竜学者きょうりゅうがくしゃ真鍋まなべさんがスピノサウルスの授業じゅぎょう

 国立科学博物館こくりつかがくはくぶつかん恐竜学者きょうりゅうがくしゃ真鍋真まなべまことさんが5がつ30にち東京都世田谷区とうきょうとせたがやく成城学園せいじょうがくえんで、恐竜きょうりゅうをテーマに特別とくべつ授業じゅぎょうおこないました。成城学園せいじょうがくえんには今年ことしがつ卒業生そつぎょうせいから肉食恐竜にくしょくきょうりゅう、スピノサウルスの化石かせきおくられました。この初等学校しょとうがっこう小学校しょうがっこう)4~6年生ねんせいやく300にんがこの化石かせきながら、「なぞおお恐竜きょうりゅう」とわれるスピノサウルスについてまなびました。【大井明子おおいあきこ

     スピノサウルスは、ティラノサウルスよりもおおきく、世界最大級せかいさいだいきゅう肉食恐竜にくしょくきょうりゅうとされています。しかし、真鍋まなべさんによると、スピノサウルスは、わからないことがおおく、なぞおお恐竜きょうりゅうだそうです。まだ全身骨格ぜんしんこっかく化石かせきつかっておらず、現在復元げんざいふくげんされている全身骨格ぜんしんこっかくは、5~6体分たいぶん化石かせきわせて復元ふくげんされたもの。前脚まえあしうしあしおなじくらいのながさなので、四足歩行しそくほこうだったとわれていますが、真鍋まなべさんは「大人おとな前脚まえあしどものうしあしわせているから、おなじくらいのながさになっているのではないかと研究者けんきゅうしゃもいる」とはなします。

     成城学園せいじょうがくえん化石かせきは、モロッコで発掘はっくつされた頭骨とうこつ椎骨ついこつ背骨せぼね)です。真鍋まなべさんは、スピノサウルスの頭骨とうこつ世界せかいでもとてもめずらしいといます。「成城学園せいじょうがくえん頭骨とうこつはパーツがよくそろっているし、かたちもきれいなので、もしかしたら世界せかい一番状態いちばんじょうたいがいいものかもしれません。CTスキャン(放射線ほうしゃせん使つかったコンピューター断層撮影だんそうさつえい)を使つかい、のうなどのかたち調しらべれば、どんな生活せいかつをしていたか、もっとわかるかもしれません」とはなしました。

     参加さんかしていたどもたちは、「そんなにめずらしい化石かせき学校がっこうにあるなんてすごい」「恐竜きょうりゅうのことをもっとりたくなりました」「恐竜きょうりゅうってかっこいい。ってみたい!」などとはなしていました。


    スピノサウルス

     白亜紀中期はくあきちゅうきやく億年前おくねんまえ)のきたアフリカに生息せいそくしていた肉食恐竜にくしょくきょうりゅう背骨せぼねうえながび、皮膚ひふまくがヨットののようにっていました。

     1912ねんにエジプトのサハラ砂漠さばく化石かせきつかり、ドイツの博物館はくぶつかん保管ほかんされていましたが、第二次世界大戦中だいにじせかいたいせんちゅうの44ねん空襲くうしゅうけてしまったため、「なぞ恐竜きょうりゅう」とされていました。2013ねんにモロッコのサハラ砂漠さばく化石かせきつかり、14ねんには、陸上りくじょう水中すいちゅう両方りょうほう生活せいかつしていたというせつ発表はっぴょうされました。さかななどをべていたとかんがえられています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです