メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

行方不明、最多 昨年1万5800人 高齢者増反映

 昨年1年間に全国の警察に届け出があった行方不明者のうち、認知症が原因だった人は1万5863人(前年比431人増)で、統計を取り始めた2012年以降、5年連続で最多を更新したことが14日、警察庁のまとめで明らかになった。

     不明者全体が8万人台で横ばいで推移する中、認知症の人が占める割合も12年に比べて約7ポイント上昇し、18・7%に上った。同庁によると、昨年の認知症の不明者は男性8851人、女性7012人だった。都道府県別の届け出数は大阪の1801人が最多で、埼玉1734人▽兵庫1396人▽愛知1341人▽東京1284人と続いた。最も少なかったのは島根の38人だった。

     一昨年以前の届け出を含めて、昨年中に無事が確認できた認知症の不明者は1万5166人。確認されるまでの期間は届け出当日が1万1027人、2~7日目が4034人で99・3%は1週間以内だった。一方で、470人は死亡が確認された。

     昨年の全体の不明者は8万4850人で、16年と同数だった。12年(8万1111人)▽13年(8万3948人)▽14年(8万1193人)▽15年(8万2035人)と横ばい傾向が続いている。不明になった原因をみると、「その他」を除き、昨年初めて「認知症」が最多となった。

     不明者全体を年代別でみると、最多は20代(1万7052人)だったが、70代(9425人)と80代以上(1万476人)は12年に比べてそれぞれ2割増、6割増となった。警察庁の担当者は「認知症の高齢者の増加を反映している」と話している。【内橋寿明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
    2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
    5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]