メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

池井戸潤さんの小説作法 「登場人物が行動するまま」を僕が書く

「僕はミステリーの系譜の中にいる作家の一人です」と話す池井戸潤さん=東京都中央区の松竹本社で、藤井太郎撮影

 半沢直樹シリーズや「下町ロケット」など、池井戸潤さんの作品を読むと、ジェットコースターに乗っているようなスリルを味わえるのはなぜだろう。テレビドラマになった作品も多いが、映画化は15日公開の「空飛ぶタイヤ」が初めて。これを機に池井戸さんに「小説作法」を聞いた。【沢田石洋史】

 池井戸さんは日中、3~4時間執筆する。休むと調子が狂うので、土日も含めてほぼ毎日書く。マネジャーによると、原稿に向かっている時、「へえ、そうなんだ」「君ってそういう人だったの?」などと独り言が聞こえるという。誰かと会話しているのですか?

 「物語がスタートして、登場人物の一人一人が何を思い、どう動くのか。登場人物が考え、行動するまま僕が…

この記事は有料記事です。

残り2372文字(全文2679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  3. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  4. 富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊
  5. アメフット 日大の宮川選手が復帰を検討 チーム訪れ謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです