メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

がん医療費、出費どう抑える? 固定費減らし公的支援活用

 医療が進歩し、がん患者の生存率は向上している。がんが増える60歳すぎまで仕事を続ける人も増える中、医療費やそれ以外の出費にどう備えればいいか。お金の考え方の基本を、自身も乳がん経験者で、多くの患者の経済的な相談に乗ってきたファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん(48)らに聞いた。

住宅ローンは見直しを/使える制度洗い出そう/保険は掛け金検討して

 40歳で右乳房を全摘し、再建手術を受けた黒田さん。就労世代の家計へのがんの影響は、ずばり「収入減と支出増」だという。当たり前のようだが「診断後に家計の収入や支出がどう変化するか、具体的にイメージするのは難しい」と話す。

 例えば夫ががんになり、治療や体調不良で仕事を休むとまず夫の収入が減るが、共働きだと、看護などで妻の…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです