メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

がん医療費、出費どう抑える? 障害年金の申請も

 がんによる闘病生活が続いたら一度は検討したいのが、公的年金制度の一つで、病気などで日常生活や就労が困難な際に支給される「障害年金」だ。初診日に、国民年金、厚生年金のいずれかに加入し、保険料の滞納がないなど条件を満たしている人が対象。最も軽度な障害厚生年金3級は年間約58万円(最低保障額)が支給される。東京都立駒込病院の医療相談担当ソーシャルワーカーの長谷川尚子さんは「申請できるのは、初診日から原則1年半が経過した65歳未満の…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです