メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/179 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(14)

「お母さん、いきましょう」

 タケシはそういって、先頭に立って混雑する川沿いの道を歩きだした。亡くなった人のために謝ることなど、この炎を生き延びたらいくらでもできる。そういいたかったが、母親にそんなことは口にできなかった。

 街はどこもかしこも、火の色が見えないところはなかった。まだ火がついたばかりの家も数多かったが、十分もすれば家でなく家の形をなんとか保つ炎になってしまうだろう。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです