メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/179 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(14)

「お母さん、いきましょう」

 タケシはそういって、先頭に立って混雑する川沿いの道を歩きだした。亡くなった人のために謝ることなど、この炎を生き延びたらいくらでもできる。そういいたかったが、母親にそんなことは口にできなかった。

 街はどこもかしこも、火の色が見えないところはなかった。まだ火がついたばかりの家も数多かったが、十分もすれば家でなく家の形をなんとか保つ炎になってしまうだろう。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文919文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」
  3. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
  4. ちば記者日記 名前と地名 /千葉
  5. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]