メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

ノースウッズを旅した青春 大竹英洋さん

 山岳や探検に関する優れた著作に贈られる「第7回梅棹忠夫・山と探検文学賞」に、神戸市の自然写真家、大竹英洋さん(43)の「そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森ノースウッズ」(あすなろ書房)が選ばれた。

 「じわじわと喜びが湧いてきます。亡くなった梅棹忠夫さんから『君、面白いことやっているじゃないか』と言ってもらったような気がします」

 大学4年の頃、オオカミの夢を見て読んだジム・ブランデンバーグの写真集「ブラザー・ウルフ」に心を揺さ…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文424文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです