メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

松平健 ミュージカル「キス・ミー・ケイト」全国巡演 歌が気持ちよく

 巨匠コール・ポーター作詞・作曲の傑作ミュージカル・コメディー「キス・ミー・ケイト」(上島雪夫演出・振り付け)が、松平健、一路真輝の顔合わせで、30日の川崎・カルッツかわさきホールを皮切りに、8月7、8日の福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールまで全国を巡演する。

 俳優兼プロデューサーのフレッド(松平)は、元妻で女優のリリー(一路)を相手役にシェークスピアの「じゃじゃ馬ならし」を上演しようとしていた。その初日の楽屋で起きる騒動が、劇中劇を織り込みつつ描かれる。

 松平、一路の顔合わせによる初演は昨年。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです