メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青年座

「安楽病棟」 生と死のあり方、観客に問いかけ

 劇団青年座は22日から、東京・下北沢の本多劇場で、認知症患者の生き方と安楽死をテーマにした「安楽病棟」を上演する。

     帚木蓬生の同名小説が原作。さまざまな症状の認知症患者が入院する病棟。異動して間もない看護師の城野(小暮智美)は患者の介護にやりがいを感じており、担当医の香月(石母田史朗)からの信頼も厚い。そんな中、患者の急死が相次ぎ、城野は一連の死に疑問を抱くようになる。

     原作を読んだ介護経験を持つ役者が提案し、上演が決まった。演出の磯村純は「青年座には20代から80代まで、幅広い世代の役者がいる。そうした強みを生かせる作品」と話す。舞台化にあたり、小説とはやや結末を変えたという。その意図を「高齢化社会の中で、安楽死にどう向き合っていくか。答えを示すのではなく、観客一人一人が考えるきっかけになればと思う」と語る。

     脚本は社会問題をテーマにした作品を手がけている劇団温泉ドラゴンのシライケイタが担当する。

     7月1日まで。問い合わせは03・5478・8571。【小玉沙織】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    4. 沖縄慰霊の日 壕から出て命拾い 82歳「一生忘れぬ」
    5. 台北 「バイクの滝」橋埋め尽くす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]