メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青年座

「安楽病棟」 生と死のあり方、観客に問いかけ

 劇団青年座は22日から、東京・下北沢の本多劇場で、認知症患者の生き方と安楽死をテーマにした「安楽病棟」を上演する。

 帚木蓬生の同名小説が原作。さまざまな症状の認知症患者が入院する病棟。異動して間もない看護師の城野(小暮智美)は患者の介護にやりがいを感じており、担当医の香月(石母田史朗)からの信頼も厚い。そんな中、患者の急死が相次ぎ、城野は一連の死に疑…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです