メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄席

五代目小さん 十七回忌追善興行 小三治、絶妙の「間」=評・濱田元子

 今年は五代目柳家小さん(1915~2002年)の十七回忌。昭和を代表する噺家(はなしか)であり、噺家初の人間国宝となった。そのレガシーは10日間、ずらっと並んだ一門の弟子らが何よりも雄弁に物語る。

 命日の16日を挟んだ5月中席の特別興行。大看板の弟子が日替わりでトリを務め、さらに口上や対談・鼎談(ていだん)、中入り前の「小さん十八番」といった趣向を凝らした。

 満席となった初日のトリは、師と同じく人間国宝の柳家小三治。「いくら思い出しても、思い出し足りない」…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです