メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窒息死

67歳女性、事件の可能性も 青森の民家

 青森市の民家で12日、住人の女性が死亡しているのを親族が発見した。司法解剖の結果、死因は窒息で、屋内から女性のものとみられる血痕が見つかった。青森県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて14日朝からこの民家の現場検証を始めた。

     県警捜査1課によると、死亡していたのは青森市旭町1の無職、菊地のり子さん(67)。12日午前11時半ごろ、訪問した菊地さんの妹が遺体を発見し119番した。争ったような形跡はなく、死後数日が経過していた。

     捜査関係者によると、菊地さんは1人暮らしで、妹が訪れた際に玄関は施錠されていなかったという。致命傷になるような外傷は見当たらず、県警は他殺と自殺の両面で調べるとしている。現場はJR青森駅から南に約1キロの住宅街にある木造一部2階建ての住宅。【岩崎歩、北山夏帆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
    5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]