メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

能勢人形浄瑠璃鹿角座

浄るりシアター25周年公演 先人の思い胸に、新たなステージへ

 大阪府の最北端、能勢町を拠点に活動する「能勢人形浄瑠璃鹿角(ろっかく)座」が、23、24日に同町の浄るりシアターで公演を行う。6月恒例の催しだが、今年はシアター開館25周年、オリジナルの人形がデビューして20周年の記念公演。

 能勢町では約200年前から、農閑期の楽しみとして語りと三味線による素浄瑠璃が盛んで、「能勢の浄瑠璃」は国の無形民俗文化財に選択された。町営の浄るりシアターが1993年に開館し、98年に3人遣いの人形と囃子(はやし)を加えた一座が発足。地元の人々が大阪の文楽座の技芸員の指導を受け稽古(けいこ)に励んできた。2006年に鹿角座の名となり、現在、65人(うち子供18人)が活動中。

 今年は一座にとって記念の年。だが一方で、浄るりシアターの初代館長として活動を推進した大内祥子名誉館…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです