メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー ガンバれ宇佐美 両親、夢へ全力サポート

サッカー日本代表の宇佐美貴史の父和彦さん(左)と母美紀さん。2人の後ろには「人生楽しもう」と書いた宇佐美の字が掲げられている=京都府長岡京市で、丹下友紀子撮影

 

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表。熱狂的なJリーグ・ガンバ大阪サポーターの両親に支えられ、MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=は初めてのW杯に挑む。【丹下友紀子】

 3人兄弟の末っ子として生まれた。兄卓也さん(31)が地元・京都府長岡京市のサッカースポーツ少年団でプレーしていたことから、1歳になる前からボールを蹴った。サッカーをするのに邪魔になるとおむつを自ら外し、家の中でも何時間もボールを追いかけて走る。ふすまは穴だらけ。家族が見ているテレビの前をボールが行き来するのは日常の光景だった。

 当時、団地の一角に住んでいた宇佐美家だが、宇佐美が成長するにつれ「下に物音が響くので、一軒家でない…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文898文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです