メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 最近、よく見るテレビドラマがある。TBS系で放送中の「ブラックペアン」だ。凄腕(すごうで)の医師が手術に失敗した医師に、法外な報酬を要求して助けるなど、単純な勧善懲悪ではない点に引かれる。

 もちろん、ドラマはフィクションで、実際はそんなスーパードクターはいないだろう。ただ、人間がすることなので、ミスを犯す医師はいる。大切なのはそれを隠さずに患者側に伝えるかどうかだ。

 先日、医療ミスから夫が10年間も意識が戻らない状態になったという女性と話をした。病院側は格安の料金…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです