メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正民法成立

18歳成人狙う悪徳商法 「被害拡大の恐れ」 道消費生活センター警戒 /北海道

 成人年齢を引き下げる改正民法の2022年4月施行が決まり、18歳から親の同意なしにローンやクレジットカードなどの契約ができるようになる。道消費生活センターは「十分な知識を持たないうちにマルチ商法被害が広がる恐れもある」と警戒。若年層の間ではインターネットを使った取引によるトラブルが目立ち、学生向けのパンフレットや学校での講座などを通じた啓発に力を入れる。【土谷純一】

 「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のサプリメントの広告を見て、無料の試供品だと思い…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文749文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです