メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟弁論 「人生 変わった」 苦しみ切々と 飯塚さん陳述 /宮城

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)を巡る国家賠償請求訴訟で、13日に仙台地裁で開かれた第2回口頭弁論では、手術を強制されたとして5月に追加提訴した県内の70代、飯塚淳子さん(活動名)が出廷し、意見陳述を行った。

 「50年以上もの間、私は、国から一切の謝罪と補償を受けることなく、苦しい日々を送ってきました」。飯塚さんは法廷で半生を振り返り、手術で受けた苦しみを訴えた。

 意見陳述によると、飯塚さんは幼少の頃から生計を助けるために母親の仕事を手伝い、勉強が遅れたことから…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです