メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の7

新手の立役者 観戦記・関浩

 図の局面。9九の香を失った先手陣には[後]9八飛や[後]7八飛と打ち込む隙(すき)がある。第5譜で[先]2三歩の新手をたったの3分で指したことよりも、本譜の図からの佐藤の指し手にこそ驚嘆を禁じ得ない。[先]8五飛と生飛車を放ち、[後]8二歩と打たせて[先]3八銀。

 手にした大駒は、敵陣に打ち込むのが基本である。敵陣で暴れ回って駒得を重ねたり、自陣に成り駒として引きつけたりしてポイントを挙げる。

 しかるに、[後]8二歩で簡単に侵入を防がれる[先]8五飛とは何ぞや。まるで入門レベルの稚拙な指し手…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです