メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の7

新手の立役者 観戦記・関浩

 図の局面。9九の香を失った先手陣には[後]9八飛や[後]7八飛と打ち込む隙(すき)がある。第5譜で[先]2三歩の新手をたったの3分で指したことよりも、本譜の図からの佐藤の指し手にこそ驚嘆を禁じ得ない。[先]8五飛と生飛車を放ち、[後]8二歩と打たせて[先]3八銀。

 手にした大駒は、敵陣に打ち込むのが基本である。敵陣で暴れ回って駒得を重ねたり、自陣に成り駒として引きつけたりしてポイントを挙げる。

 しかるに、[後]8二歩で簡単に侵入を防がれる[先]8五飛とは何ぞや。まるで入門レベルの稚拙な指し手…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです