メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ

今年初、ひな3羽ふ化 /富山

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は13日、人工ふ卵中だった国の特別天然記念物、ニホンライチョウの卵から、今年初となるひな3羽がふ化したと発表した。性別は不明。

     ひなの親は、一昨年6月に乗鞍岳で採卵して誕生したペア。今年5月7~28日にかけて、計11個産卵した。

     パークでふ化したのは、このうち同20日までに産まれた7個中3個。12日、ひなが卵の殻を内側からくちばしでつつく「嘴(はし)打ち」が始まり、同日夜から13日朝にかけて誕生。うち1個は、頭の位置が通常とは逆の「逆子」だったため、飼育員が手で殻を割ってふ化させた。3羽は体重14・2~17グラム、体長約6・5センチ。いずれも元気にピヨピヨと鳴いているという。

     別の有精卵3個は7日にいしかわ動物園(石川県能美市)に移し、13日にすべてふ化した。

     残る5個のうち、今年初めて、母鳥による自然抱卵に挑戦している3個は、19日にふ化の予定。残り2個は卵の中で胚が成長しなかったため人工ふ卵を中止した。【青山郁子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
    4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    5. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]