メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道の駅「みなみやましろ村」

府内18番目、来場者50万人突破 村産・抹茶の新商品人気 /京都

 南山城村の国道163号沿いの道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」の来場者が13日、50万人を突破した。昨年4月15日に開業し、週末には1日で村の人口(今年5月31日現在2787人)を超える買い物客らが訪れる。売上額は1年2カ月で目標を約1億円上回る約4億8000万円に達する勢いという。

 府内で18番目の道の駅で、少子高齢化に直面する村は地域活性化の重要拠点に位置づけている。運営する「株式会社南山城」が村産の抹茶などを活用した新商品を次々と開発。一番人気の…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 性的虐待 父「誰にも言うな」から救った夫の「悪くない」
  3. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  4. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]